CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
2013 J1 第32節 vs 川崎

今年のリーグもラスト3戦。
前節の引き分けが悔やまれるわけですが、
ここを勝てば首位浮上。と言う試合を悉く落とす。
今年はそんな週末ばかりでしたね。

自力優勝は無くなりましたが、
まだまだ諦めず。PRIDE OF URAWAで。



ここから3連勝したいところでしたがー。

前半早々にまたもや課題のセットプレーから失点。
その後も何度か危ないシーンを見せつつ、
前半を0-1で切り抜けて後半の巻き返しに期待。
後半は得意の左サイドを起点に元気とのワンツー風の
パスワークから槙野が同点弾。ここから押し返そうぜ!
と喜ぶのも束の間、カウンターを喰らい押し込まれ
槙野がクリアしきれずオウンゴール。

試合終盤にも3点目を与え、、、1-3で終了。
こちらにも良いシーンが何度が有ったけど相手にも
それを上回るほど多くの決定機を与えていたし、
その中で3失点で済んだように思われ完敗の感。

選手もサポも誰もが勝ちたいと意気込んでのこの結果。
課題だった守備の弱さをこの時期に露呈しつつ。
悪い流れでリーグ終盤を迎えるとは。。。

次のホームは暢久の浦和最後の試合。
勝利で暢久を送り出したい。

そしてこの日もJリーグに対するメッセージ。

「目先の10億を選択せざるを得なかった本当の理由は何?
その責任を明確にしない組織にJの未来はあるのか?」
| soccer2013 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0)
<< 久々に酉の市へ
2013 J1 最終節 vs C大阪 >>
スポンサーサイト
| - | 23:34 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rac.jugem.cc/trackback/1067
トラックバック