CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
日本レース写真家協会の会員による写真展「Competition」
今日は仕事で朝帰りだったので休みを取り、夕方は六本木へ。

日本レース写真家協会(JRPA)の会員による写真展です。
F1、WRC、SuperGT、MotoGP等など国内外のモータースポーツの
シーンを切り取ったプロの方々の写真を拝見。


冷たさと熱さと。自然と人と機械。
それぞれが相乗して醸し出す雰囲気が堪らなく、
モータースポーツの写真は大好きであります。
今回も多くのグッと来る写真に出会えて、嬉しい限り。
自分が写真を撮るときの肥やしになったかな。。。
なると良いなぁ(^^;

昨年のMotoGPで使用されていたヤマハのYZFも展示。

ヤマハ50周年カラーですね。ロレンソのマシンです。

写真展は明後日まで。明日はニコン、キヤノンの
カメラも触れるとか。
日曜はカメラ雑誌編集長のトークショーがあるらしい。

会場に展示している写真では有りませんが、
同じく会員の方々が撮ったと思われる写真を
無料でプリントアウト出来るサービスも。
私も1枚頂きました。

帰りに同じビルの1Fにある海外のカーグッズやミニカーなど
置いてるお店に寄って、ニュルブルリンクサーキットの
グッズに手を出しそうになるも
そこはグッと堪えて帰路につきました(^^;
| motor sports | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0)
始まってたWRC
気づけば2戦が終わってたWRC。
スバルからのメールもP-WRCの情報のみ(^^;
昨年末の撤退のニュースは衝撃でしたがこの時勢では仕方無い。
という感覚でしたが、やはり楽しみが減ったのは残念。

さて数年後、、、歴史は繰り返すと申しますが、
日本の自動車メーカーが新興国のそれに追い越され、
ビッグ3のような目に遭う日が来るのだろうか・・・
そうならないと思える材料が見当たらないのが心配なところ。
本来は新たな基幹産業の創造が必要らしいですが。
| motor sports | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0)
天才ノリックの訃報
ノリックが交通事故死、トラックと衝突(Yahoo!)

Norick Abe Official Website

奥野選手の訃報に続き、今日は衝撃的な事をニュースで知る事に。
昨夜、阿部典史選手が交通事故に遭い亡くなりました。
この一月あまりの間に全日本参戦中のライダーが3人も他界。
ノリックも32歳。しかし公道での事故死とはあまりにも酷い。


今年の全日本でも健在振りを見せてくれたので今後の活躍に
期待していたのですが、もうその姿すら見る事が出来ないなんて。

サーキットでいつも優しくファンに接していた姿、そして何よりも
96年の鈴鹿でWGP優勝を成し遂げた時の感激は忘れられない。

先月のMotoGPには行けなかったので5月の全日本筑波が最後となってしまった。

筑波のJSB1000クラスでの3位表彰台。


まだ気分優れず。
| motor sports | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0)
奥野選手の訃報

8月の全日本SUGOでの多重クラッシュで意識不明の重体に陥り、
入院していた奥野正雄選手が9月26日に亡くなりました。
享年32歳。
今年はST600クラス1位だっただけにチャンピオンを獲って、
来年以降の更なる活躍が期待されただけに無念な事故でした。

奥野正雄オフィシャルWEBサイト

兄の正一さんのお話はロードレースの在り方について考えさせられます。
生と死が隣り合わせのスポーツ。日本人が世界に通用するスポーツですが
人気が無くてビジネス的に大変でしょう。しかし何とか安全性を第一に。

筑波でのST600クラス決勝。後方には23番の故沼田選手の姿も。

筑波では3位表彰台。
| motor sports | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0)
コリン・マクレー
訃報 コリン・マクレー、ヘリコプター事故で他界 (SUBARU)

故マクレー氏に各界から追悼の言葉(AFP)

ここ数年、スバルに縁のあるドライバーに不幸が続いている。
P.ボーンはレキ中の事故、R.バーンズは病に倒れ、今度はヘリコプター事故。
スバルで素晴らしい成績を収めてくれた人がまた逝ってしまった。
お子さんも一緒だったのか。。。

彼は速さと脆さを併せ持ちながらチャンピオンを獲得し、
1995〜1997年にかけてスバルを3連覇に導いた人。
私がインプレッサに乗りたくて貯金に励んでいた頃だったなぁ。
思い出深いドライバーです。

ご冥福を、、、
| motor sports | 01:31 | comments(2) | trackbacks(0)
沼田選手のご冥福を
何気なく開いたYahoo!ニュース。。。

<二輪レーサー>沼田憲保さんが練習走行中に事故死 岡山

沼田選手のブログ 不死鳥伝説。

今年、筑波に行ったときは彼の写真うまく撮れなかった。
来年はもう撮れないのか・・・
全日本チャンプにまでなったベテランがこんな形で。。。

ブログ読んだら涙止まらず

| motor sports | 02:23 | comments(0) | trackbacks(0)
2007 全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦 筑波 その2
続いて、JSB1000の決勝。
今シーズンはノリックが13年ぶりに全日本に参戦。
気づけばノリックも31歳か、、、

転倒したマシンがコース上にある為、赤旗中断で2ヒート制に。

2ヒート目も1周目に転倒があり、再度赤旗orz。
1周もしていないと言うことで2ヒートの再スタート。

ノリック(81番 YAMAHA)、柳川(87番 KAWASAKI)、秋吉(4番 SUZUKI)がトップ争い。

結局順位はレース中盤から独走した柳川が優勝、2位秋吉、3位ノリック。

頑張って欲しかったよヨシムラスズキの2人。
写真の渡辺篤(76番)は9位。酒井(39番)は8位。


GP250決勝前。

GP125と同様に10代の選手も数多く参戦するGP250。
GP250はゼッケン41宇井陽一がポールトゥウィン。まだまだベテラン健在。
| motor sports | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0)
2007 全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦 筑波 その1
2年ぶりに筑波サーキットへ。
去年のこの大会は雨だったので行かなかったんだな(汗)

現地に着いて、日焼け止めと脚立を持ってきていない事が判明orz
脚立が無いのは誤算だ・・・(ToT)



ピットウォーク中。


ST600クラスの決勝。

高橋江紀は上位に届かず残念ーな6位。


その2につづく
| motor sports | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0)
スーパー耐久シリーズ2006 第7戦 もてぎ
スーパー耐久シリーズ2006の最終戦決勝。
スーパー耐久とは排気量や駆動方式、改造範囲を基準に5つのクラスで
構成される最も市販車に近いマシンで争う耐久レース。

5時半に出て4号バイパスからいつもと変わらぬ道で7時には到着。
MotoGPやスーパーGTと違って駐車場も空いていて快適だ(^^;


FUJITSUBO hpi IMPREZA(ST-2クラス)。
予選は僅差で2位だったので期待しましたが決勝も2位。


そのほかST-2クラスでは、Start Your Engines IMPREZAも3位

ST-2クラスで優勝したランサーのチームはシーケンシャルエンドレス座間。
座間と言えば私が生まれたところ。思わぬところで懐かしさに浸る(^^;


ST-1クラスで優勝したARTA DENAG GT3。今年は7戦全勝。


ST-1の2位はPixy Spec's Porsche。ドライバーの一人は伊藤真一!
4輪でも活躍してますね〜♪


ST-1クラスの表彰式。
全クラスの表彰式をやるので5回もシャンパンファイトがあると、
シャンパンのあまーい匂いでいい気分になれます。

しかし風が強くて寒かった。指先が悴んで写真撮るのもしんどい。
手袋が必要だし、実際している人多かったなぁ。反省。
今回はヘアピンまでループバスが運行されてました。
MotoGPの時は途中で折り返してたのに〜。

ピットウォークでは正道会館の角田信朗師範が登場。
どこかのチームのゲスト?だったかな。
身長は自分とそんなに変わらないけど実物はデカく感じる(^^;

帰りは17時過ぎに出発し、19時半前には自宅へ。
いつもと趣向を変えて4号バイパスを使わずに県道や農道を駆使して
帰ってみたら、渋滞も無くいつもと同じくらいの時間で帰ってきたorz
| motor sports | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0)
2006 MotoGPは新チャンピオン
最終戦のバレンシア。
PPのロッシがまさかの転倒でN.ヘイデンが逆転。

来年から800ccへとレギュレーションが変更になりますが
最高峰クラスが990ccのMotoGPになってから5年間ずっとロッシがチャンピオン。
今年は久々に新しいチャンピオンですね。
来年のホンダは、と言うかMotoGPでは久々にゼッケン1が走るのかな?

しかし2勝のヘイデンがチャンピオンで5勝のロッシが2位。
ヘイデンは1年を通して安定して上位にいたし、
ロッシはケガもあったし不運もあったし波のある一年。
でも最終戦まで縺れてくれたので楽しませていただきました。

中野も玉田も移籍のようなので来年は新たな環境で良いトコ
見せてくれることを何よりも楽しみに。

今回、GP250の高橋裕紀が初日の転倒で3箇所骨折。
インテリマークの記事
ちょっと心配です。開幕には元気な姿を!
| motor sports | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0)