CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
2013 J1 最終節 vs C大阪
勝てばACL出場。
最近の悪い流れを断ち切って何とか今年も叶えたい。


この日のチケットは売り切れ。
試合直前に南ゴール裏でホーム側から緩衝地帯側に席が
少し拡げられた様に見えたけどどうだったのだろう?

このスタジアムでレッズとして。彼の最後の試合。


選手入場ではゴール裏も指定も関係なく皆で立ち上がって「威風堂々」を。






スタンドから「赤き血のイレブン」の歌声が響く中キックオフ。

24分に元気が右から振り抜いたシュートで先制!
しかしピンチも続き、追い付かれ、、、
そこそこ頑張っている様に見えたけど
前半ロスタイムに勝ち越されてからはもうね。。。

失点の度に肩を落とす興梠の後ろ姿が目に焼き付く。

3枚目の交代枠には直輝。
直輝のプレーは位置取り、囮になる動き等にらしさが
出ていて久々に良い動きの彼が観られたか。
最後の精度が欲しいところでしたが来期に期待。
次の「山田」として飛躍を願ってるよ浦和のハート。

やはり昨年の様にはいかなかった。
暢久の出場も叶わず。

9月、そして11月以降のマルシオを欠いた中で
見せる不調は中盤での踏ん張りが効かず、
押し込まれたり、あさっり裏を取られる辺りか。
結局ラスト4試合では15失点。
総得点がJ1クラブ1位でもこれではさすがに。
最近見えてきた課題でもないので来年どれだけ
改善できるのか判らないけど信じるしかないか。

様々な想いを乗せてブーイングと拍手の中、一同の挨拶。


「運任せの弱気な監督 内部昇格のGMに俺達の夢は本当に託せるのか?来季は結果で示せ!」
でも運任せなのだろうか。試合後のコメントで
運が云々は良く言っていましたけど。

そして今シーズン限りでクラブを去る3人の挨拶。



野田、永田拓はまだまだ若いし、新天地での活躍を。

暢久、次どうするのか判らないけどお疲れ様でした。
どの道を選ぶのか。現役まだ出来るよね(^^;


お別れのビジュアル。

こんな感じ。

1994〜2013年。20年間の感謝を込めて。

歴代ユニを掲げる方も。





「またな浦和のヤマ」


集合写真の撮影。


永田拓の胴上げ。


野田の胴上げ。


暢久の胴上げ。


最後にゴール裏へ行きユニを。


セレモニー後はこのメッセージ。


「2ステージ制 成否の判断基準を具体的な数値で示せ!その責任者も明確にせよ!」


さて2013シーズンはこれにて終了。
久々に出場し、やっぱりACLは楽しい。の想いを強く。
アウェイでタイに行けたのも良い経験になりました。
また強くなって行こう。そして再びアジアの頂点へ。

私個人は今シーズン計28試合に参戦。
リーグ戦ホーム全17試合、アウェイ3試合。
ACLホーム3試合、アウェイ1試合。
ナビ杯ホーム2試合。天皇杯2試合と。
ホーム公式戦の全てに行くのは仕事柄なかなか出来ないので嬉しい限り。

でも全て指定席と言うのはそろそろ懐に厳しい(^^;
来シーズンは席を見直して少し抑えないとねぇ(汗)
それに最近遠ざかってるけどレディースの試合にも行きたい。
| soccer2013 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0)
2013 J1 第32節 vs 川崎

今年のリーグもラスト3戦。
前節の引き分けが悔やまれるわけですが、
ここを勝てば首位浮上。と言う試合を悉く落とす。
今年はそんな週末ばかりでしたね。

自力優勝は無くなりましたが、
まだまだ諦めず。PRIDE OF URAWAで。



ここから3連勝したいところでしたがー。

前半早々にまたもや課題のセットプレーから失点。
その後も何度か危ないシーンを見せつつ、
前半を0-1で切り抜けて後半の巻き返しに期待。
後半は得意の左サイドを起点に元気とのワンツー風の
パスワークから槙野が同点弾。ここから押し返そうぜ!
と喜ぶのも束の間、カウンターを喰らい押し込まれ
槙野がクリアしきれずオウンゴール。

試合終盤にも3点目を与え、、、1-3で終了。
こちらにも良いシーンが何度が有ったけど相手にも
それを上回るほど多くの決定機を与えていたし、
その中で3失点で済んだように思われ完敗の感。

選手もサポも誰もが勝ちたいと意気込んでのこの結果。
課題だった守備の弱さをこの時期に露呈しつつ。
悪い流れでリーグ終盤を迎えるとは。。。

次のホームは暢久の浦和最後の試合。
勝利で暢久を送り出したい。

そしてこの日もJリーグに対するメッセージ。

「目先の10億を選択せざるを得なかった本当の理由は何?
その責任を明確にしない組織にJの未来はあるのか?」
| soccer2013 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0)
2013 J1 第30節 vs 柏

一週間後にナビ杯決勝で対戦する相手。
リーグも負けられない。


お相手も同じ3バックになっとった。
試合開始早々に柏木の2得点でどうなるのかと思いきや、
後半は相手の力強い守備に事ごとくはね返され、
一点も献上。
同じACL出場クラブだけにフィジカルの強さが全面に出ていて感心。
いや、感心している場合じゃないんだけど。
すっかり油断ならない相手になってしまったなぁ。

そしてこの日はやはりこれ。

我らが山田暢久、500試合出場でございます。


勝利のウイダイも。

おめでとう!


さて来週は決勝。
クラブに久々のタイトルを!

皆の想いが届きますように!
| soccer2013 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0)
2013 J1 第29節 vs 鹿島

失意の天皇杯敗退直後の週末。
定評あるスタジアムグルメを堪能させて
頂きながらのアウェー鹿島戦。


今回は1列目。アウェーゴール裏の真横にも関わらず
鹿島のグッズを貰える席でした(^^;
良いスタジアムだなぁ。なんて思っている場合ではなく
リーグの優勝争いに残る為、リーグ戦は残り一つも落としたくない。
鹿島には最近勝ってるけどやっぱり油断ならない相手。


セットプレーから那須のヘッドで先制し、1-0で上々の前半。

先制後は一進一退の展開でジリジリしているところ
後半半ばに待ってましたの元気のゴール!痺れる。
最後まで攻めの姿勢を貫いてくれたか。

終了近くになっての失点が惜しいけど1-2で勝利。
昨年に続いての鹿島戦ダブル。気持ち良い。

この試合で警告を受けた森脇、興梠は累積で
出場停止と状況は厳しいけどホームでも柏に勝とう!


なお、グッズは帰り道の途中、近くにいらした
鹿島サポのご家族にお譲りしました(^^;
| soccer2013 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0)
第93回天皇杯3回戦 vs 山形
平日の19時駒場という個人的にはシビアな開始時間。
定時後ダッシュもまたもや試合開始5分後に到着。

前後に重要な試合を挟んでメンバー的にも厳しい水曜日。

観ていても心許ないプレーが続き、
ハラハラモヤモヤの連続。
この日もスタメン組と控え組の差を見せつけられる展開。

試合は3-2で敗れると言う結末。
若手やサブ組の奮起は結果として結ばれず。

せめてもの救いはユースの邦本が魅せた豪快なゴール。
セルの作った最年少記録を破る。将来が楽しみ。

試合後、浦和ベンチにホリが挨拶。
そのタイミングと審判の退出が重なり
拍手とブーイングが混ざってしまったかな。
ホリも頑張ってる。
山形サポのホリのゲーフラも有りましたな。
今後も厳しいけど元旦目指して欲しい。

あー、でもACL出場権を得られる重要な大会。
悔しい敗戦だ。
| soccer2013 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0)
2013 ヤマザキナビスコカップ・準決勝 vs 川崎
ナビ杯準決勝。

アウェーの第1戦は厳しい結果ですが、
かえって集中しやすい展開になればと。
警戒しないといけない人も多いけど。

で、今回はこんな席で。

リーグ戦とは席の割振りが違うし、早めに購入したせいか
選手入場口近くの2列目とか。

久々にデカ旗。



前半は0-0。

後半に入り、待望のゴールは興梠から。
この1点を守りきり、アウェーゴール数で決勝進出!
守りに入らず前に攻めての勝利。
先週から選手の気持ちにも良い流れが出来つつあるのか。

完封した日は文化シヤッターさんの
「Nice Shut Out!!」






2年ぶりの決勝進出。
私は行かれませんけどミシャにタイトルのチャンス。
今度こそ掴んで欲しい!
| soccer2013 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0)
2013 J1 第28節 vs 大宮

さいたまダービー。


春のアウェー、ナクスタは行ってないので
フルコートマンマークがどんなものなのかと
注目していたら開始早々にPA内でファール。
これで相手のDFが退場。ちょっと判定厳しめ。

ここで得たPKを阿部ちゃんが決めて先制したものの
一人少ない相手に追加点を奪えず前半終了。

後半もジリジリしていた半ば過ぎ、
局面打開は元気から。やっと取れた追加点!
元気が躍動すると盛り上がる。
色々有ってもやはり愛されてるな。


あいにくの天気で5万人越えはならずも。。。

更に興梠の追加点。関口にも得点。
順大にベビー誕生でゆりかごダンス。


関口は移籍組で一人リーグでの得点が無かっただけに
良かったなぁ。前なら何処でも出来る人だし、
このサッカーの中で自分らしさを融合させれば
もっと良くなりそう。楽しみにしてます。


近頃はやられてばかりだった相手に大勝は格別。

完封した日は文化シヤッターさん。



まさに大宮粉砕。


久々に酔いしれる。

たまらん。
| soccer2013 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0)
2013 J1 第26節 vs 甲府
前節はアウェーで悔しい負け方をしましたが
ホームで挽回。と行きたいところ。

相手は降格争い中ですが、そういった相手に
苦戦をするのがウチの伝統芸でございます。
油断せずに。

そしてこの日は久々にGK山岸がリーグ戦スタメン。
この2年近く正GKだった加藤には厳しいところですが、
気持ち入れ替えましょうかね。

前半から相手の堅守に苦しみましたが
後半開始早々にラッキーな形でPK獲得し先制。
これで乗れるかと思うもやはり堅守。

そして終了間際、ながーいロスタイムの終わり間際。
そんな時間帯に追いつかれドロー。
うー、やや負けたような感に襲われる展開。
いやー痛い取りこぼしだったなぁ。

どんな展開も監督の理想の戦術を追及するのが、
やり方だと思っていたので終盤の交代とか
ちょっと疑問に思いつつ心配な面も。
でもまだまだ諦める訳にはいかないので
更なる最後の勝負強さを。
| soccer2013 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0)
2013 J1 第25節 vs FC東京
久々に国立。
今年は国立アウェーが3試合組まれたけど
この試合だけ参戦できました。

ちょっと遅れてのスタジアム入りとなり、
アウェー自由席はかなりの混んでいたましたが
皆さんのご協力で席を空けて頂きました。
ありがとうございました。

試合前。五輪プレゼンの佐藤選手が挨拶。


聖火台に火が灯るなど。そんな演出。


さて肝心なのは試合の方ですが。。。
啓太を欠きCBに暢久、ボランチに那須という布陣。

前半にセットプレーから立て続けに2失点。
どちらも同じようなやられ方で。。。

でも後半に気合を入れて。

その後半は開始早々から2得点と追い付くことに成功!

これはイケイケでしょう〜と行きたいところでしたが
終了間際にまたもやセットプレーから平山に決められた。
3度同じような形でやられるとは。。。


特別に守備の練習をする事は無いというけれど
予てよりの不安な点を露呈し試合中は修正しきれずの敗戦。
後を引かないように切り替えよう。
| soccer2013 | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0)
第93回天皇杯2回戦 vs栃木ウーヴァFC
9/11。今年も始まりました天皇杯。
仕事が終ってからのダッシュ!
さすがに19時キックオフでは間に合いませんが(^^;
駒場に着いたのは試合開始5分頃だったでしょうか。
考えてみれば昨年改修が終わってからは初めて来たのでした。


まだ2回戦と言う事も有りメンバーは控え組と若手中心。
その中でもやはりマルシオの存在感は大きく、
マルシオを起点に最後は小島がゴールで先制。
前半終了間際にPKを獲得しマルシオが決めて2点リード。
途中ハラハラモヤモヤするシーンも有りますが、
まあそれなりの前半でした。



後半。


前半でマルシオが下がるとやはり中盤が安定しなくなります。
そして得点チャンスも逃しつつ後半半ばで相手に得点を
許してしまうと。。。なかなか上手くいきませんなぁ。
相手のボールへの執着心に押され気味。



試合は結局2-1で勝利し3回戦進出となりましたが、
まあ負けなくて良かったなと。
普段ピッチ上で観られない選手のプレーを観る事も
出来ましたが全体の連携という意味ではレギュラー組との
差を痛感する訳ですが、やはり実戦で熟成していかないと
厳しそう。実際そんな戦術ですものね。



JFLの雄、栃木ウーヴァFC。なかなか手強かったです。
試合後、出島の前で座り込む選手の皆さんの光景も
良いものでした。平日の夜でお隣の県とは言え、
栃木のサポの皆さんお疲れ様でした。


このスタジアムの雰囲気も捨て難い。
照明が暗く感じるけど埼スタより明るいんだよなぁ。
シャッタースピードが埼スタより2段くらい稼げる。


優勝すればACL出場権も手に入る大会。
元旦まで行きたい。
| soccer2013 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0)