CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
2011 J1 第34節 vs 柏
最終節。

5月の国立では最後まで続かんだろうと思ってましたが
いや〜、強い。今年のウチでは負けて当然の相手でした。
ウチの選手はもっと出来ると常々思っているわけですけど
そんな思いすら打ち砕かれそうなチームであります。

後半いくらか立て直したとは言え、強いチームと弱いチームの
コラボを見事に演出しました。と言っても世間で騒がれるような
八百長なんて有り得ない、素の結果と思われますので悪しからず。

しかしまあ、こんな強いチームなのですから来年以降は
ウチ相手の時でも売り上げ目当てに国立で試合とかやらずに
チャンピオンチームとして是非堂々と地元で試合してください。
それがJリーグの理念ってものかと思われますので。
まあ好きなクラブではないですが2年連続優勝おめでとうございます。

とりあえず表彰式とかはお近くのクラブですし、地元にでも戻って
やって頂きたかったのですが敗者として悔しい思いをしながら
見せて頂くのも格別。でも無いです。もう見たくない。
これまでにも何度も思ったことですけど。悔しい羨ましい。

で、2位のチームなんですが自分たちですら勝てなかったのですし
終始残留争いしていた我々にだらしないとか言われても、
残留争いしていた我々から勝ち点1しか取れなかったのですから
ご愁傷様としか言い様が無いわけで。何はともあれ最終節も
苦手相手にきっちり勝利できるあたり羨ましい限りです。

さてこの日のメインイベントなんですけど、、、

一体感バッチリ、気持ちの良いくらいの大大大ブーイングだったので、
メインロアーホーム側に居ても何を言っているかさっぱり聞こえなかった為
一応、念のため、とりあえず何を言っているか聴いてみました。

オワコン日本企業の体質をそのまま持ち込まれても
何だかアレですが、まあこれを変えられるような人は
内部から出てくるものじゃ無いでしょう。

あとはGMにどれだけの人物を据えられるか、
がポイントのような気もします。
それでは長期的なクラブ運営とはなりませんけど。

ホントは体質を変えられれば良いのですけどねぇ。
基本自浄作用なんて働きませんから無理でしょう。
どん底まで落ちて破壊から本物の市民クラブとして
再生と言うもの有りなのかもしれませんが、
人生半ばを過ぎたファンとしてその道筋を一緒に歩くのも
しんどいので少しでも良い方向に進んで欲しいと思います。


同じオワコン企業が親会社でも羨ましいクラブ運営を
されてるクラブもありますし何か方法は有ると思われます。
オワコン親会社と言えば今年優勝したクラブも
今後どのような道を進んでいくのかは
気になるところであります。

そう言う事もあり今回のところは他クラブへの多少の毒は
ご容赦願います。行き場の無いモヤモヤで脳味噌が
大分膿んでおりますので。基本ただ羨ましいだけです。

何はともあれ我々も幸運にも勝ち点36と言う数字で残留出来ましたので
来年もJ1のクラブと対戦させて頂ける有り難い状況。

そのような結果に持ち込んでくれた堀さん、天野さんを始め、
現場の選手、スタッフの方々、本当にありがとうございました。


と言う事で今年、まだ天皇杯があります。
次は宿敵である愛媛。是非男女で元旦決勝へ。
| soccer2011 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0)
2011 J1 第32節 vs 仙台
残り3試合。
選手が乗るバスの出迎えには間に合わなかった。
今日も北門で達磨に触れてスタジアムへ。
選手入場前の待機中にも、その達磨が置いてあって触れる選手も。



アウェーのエリアがいつもより広い。


選手入場で指定席でも皆で立ち上がりゴール裏で歌う
「決めろ浦和の男なら〜」に合わせて手拍子を!と。
試合開始前、ゴール裏の方がメインスタンドに来て説明してくれた。
スタジアムのみんなで選手を盛り上げようという想い。
プレッシャーにはしたくないがこの気持ちを選手の力に加えたい。

試合が始まり、一見良いように見えるが最後のところで守られる。
というシーンが続く、余計なところで笛が吹かれるシーンも目立つ。
セルとあと一人欲しいというゴール前のシーンもあり、
何となく元気の影が薄いか。いう印象。
しかし坪井と啓太の奮闘振りも目立ち、前半は仙台にこれと言って
何もさせず0-0で終える。

さて後半が始まろうかというところで、
北ゴール裏の中心から肌色が増えてきて。。。
雨の降りしきる中、上半身裸になる人々が。


後半は降り続けた雨のせいでピッチが水びたし。
ボールも転がらず、ちょっと試合にならない。
そんな状態で運がどっちに転ぶかとハラハラさせられたが
試合はスコアレスのドロー。

残り2試合を残し、甲府との勝ち点差は3。
得失点差も有利ではあるが次節はアウェーで福岡、
最終節はホームで柏と難しそうな試合も続く。
この勝ち点差が選手のメンタルにどう響くのか。
とにかく一つ一つ壁を乗り越えたい。

| soccer2011 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0)
2011 J1 第31節 vs 磐田
試合開始前。

twitterで拝見した呼びかけに賛同して選手のバスを出迎えた。



北門のゲート入り口ではいつもピッチの脇に鎮座している達磨に触らせて頂いた。



ザックも視察。

レッズレディースの選手たちも観戦。

レディースの荒川が遠めでも分かるくらいノリノリだった
そんな試合開始前。私の気分もノリノリだった。。。


コレオ


何も出来なかった90分。0-3で完敗。
色んな完敗を見てきたが、
最近ではなかなかのショックな完敗ぶりである。

そして今度は目の前で柏木が泣いている・・・
スタンドから励ましの声。
チームの現状、代表の事。
色々思う事も有ったのかも知れない。
でもまだ諦めるな。

ナビスコ決勝を観てスタジアムに戻ってきたのかな?
と思わせる34000人余り。せっかく増えたのに残念な敗戦だ。

あと3試合。次はホームで仙台か。
そう、ホームなんです。みんなスタジアムに行こう!
| soccer2011 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0)
2011 J1 第30節 vs 横浜F

ゼリコから堀へ。
レッズユースの監督で高円宮杯を制し、
4キ(直輝、峻希、水輝、元気)など浦和の若手を
育てた彼の手腕は浦和の貴重な財産。
ここに来てのこの人事異動。
ユースとトップの違いもあるだろうが
果たしてどんな結果が待っているのか。

堀監督の初戦、チームとしてどんなパフォーマンスを
魅せてくれるのか楽しみでもあるし、
こうなったら期待せずにはいられない。



しかし試合開始4分にあっさり先制される。
むむ??と思っていたが試合が段々と面白くなっていく。
そのまま1-0で前半が終了するも今までのように
良くても追いつくのが精一杯か?なんて気持ちにもならず、
前向きに後半に望めた。人もボールも動くサッカー。
そんなサッカーが戻り始めるのではないかと。

後半は直輝が外したPKのこぼれ球を執念で決めた元気。
梅崎の豪快な逆転ゴール。目頭が熱くなるほどの歓喜!
浦和の未来への希望、4キがピッチ上に並び立ち、
終盤の猛攻をしっかり抑えた順大。しびれる!
坪井の投入も感慨深いシーンだったよ。
2-1でリーグ9試合ぶりの勝利。ああ久々だ。



試合後、みんなで歌うWe are Diamonds。
ああ、気持ち良い。嬉しい。清清しい。
まだまだ終われない。あとリーグ戦4試合。
残留争いの相手の結果次第と言う状況はまだ変わらない。
来週のナビスコ決勝もリーグに活かせる試合を。
フロントや親会社に言いたい事は有る。
しかし何よりも今年は絶対に残留を。行こうぜ浦和。

今月は観に行けないかな?思っていたけど
良いタイミングでアウェーに参戦することが出来た。
梅崎をはじめ選手、監督、コーチらの喜び爆発の笑顔。
これからもたくさん浦和で観れますように。
| soccer2011 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0)
2011 J1 第24節 vs 山形
玉こんにゃく食べにきました。
着いた頃には売り切れていました。

残留争いをするチーム同士の大事な一戦。だったはず。


開始1分ちょいで先制され、そのまま成す術無く0-1で敗戦。
今年は酷い試合を何度か観ているけど、この日もまた酷い。

試合後、ブーイングに罵声を浴びながら選手がピッチを後にする中、
一人ベンチに座り込む直輝。泣いている。。。
ちょうど私のすぐ目の前の出来事だったので、目に焼きつく。
後からスタッフに促され立ち上るも手にしていたペットボトルを
持つことすら間々ならず。
立ち上り、ゴール裏に向かい深々と頭を下げる姿に
「がんばれ!」と皆から声が。。。
子供の頃から浦和が大好きでユースから上がってきた浦和のハート。
浦和だけじゃない、日本の至宝になるかもしれない逸材。
前を向いて・・・一緒に残留しよう。

今日、GMが辞任し、新しいGMが就任されたとか。

柏木、直輝の試合後のインタビューが全てを物語っている。

【J1:第25節 浦和 vs 山形】試合終了後の各選手コメント(11.09.11)
(J's GOAL)

残り9試合。最低勝ち点9。それでも微妙だ。
そして対戦相手は上位ばかり、茨の道は最後まで続くよ。
| soccer2011 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0)
2011 J1 第23節 vs 広島
試合前に東北出身の青山を中心に
高崎、梅崎、原、堀ノ内が募金活動。
青山だけかと思ったらビックリ。
私が行ったときは居なかったけど坪井も来たとか?

試合の方は。。。

1-1の引き分けです。はい。

で、試合後に都築の引退セレモニー。


都築龍太ララララー。

まったく早すぎるよ。

お疲れ様でした。そしてありがとう。
| soccer2011 | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0)
2011 J1 第20節 vs 神戸
これまで4連敗中の神戸が相手。

そろそろ勝ってくれないかと言う期待をしつつ、、、
元気と峻希の疲労が気になりつつ、、、
ランコに期待しつつ、、、

元浦和で海外から戻ってきた相馬は肉離れで帯同せず。
見たかったな。プレーとかみんなのブーイングとか。

半旗掲揚。

とにかく悔しくて堪らない出来事。

この日2度目の黙祷。

ご冥福を。

で、、、
先発、サブにFW登録が合わせて7人。相変わらずだなぁ。
ツボにホリ、そして梅崎は元気にしているだろうか。。。

とにかく酷い前半。前半20分を終わって2失点。
永田の凡ミスに眩暈を覚え、
啓太の精細を欠く動きに切なくなり、
何よりも直輝の右サイド磔の刑が悲しい。。。

0-2で始まる後半は啓太と直輝を下げて達也とマゾ投入。
変わった二人が2点を取り追い付くも
ロスタイムに例のPKで負け越し。

追い付いたときは盛り上がり、後半のサポの一体感は
素晴らしかった。しかし全体的に酷い試合。
そんな中、達也がやっとゴールを決めた。
これで調子あげてくれるといいが。
ランコは日本の夏にも苦しんでいるようだけど期待してます。
まだまだ残留争いは終わらない。

そして元気が怪我の為、直輝が繰り上がりでU-22に選出。
普段、男子の代表は怪我が怖くて心配なんだが
今回の直輝は暴れて欲しいな。ぜひ使って欲しい。
峻希は疲れているように見えるし怪我には気をつけて。

| soccer2011 | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0)
2011 J1 第4節 vs 川崎

相変わらず厳しいシーズンが続いております。


中断期間の代替開催からくるスケジュールの綾で
こちらは中6日、相手は中3日という差が。。。

前半は相変わらず中盤を省略した退屈なサッカー。
0-0でしのいで後半に川崎の足が止まるのを
待ってるのかね?という内容。

後半途中にマルシオから直輝に交代したところから
流れはこちらに。
直輝→原口で鮮やかに決めたミドルシュート。
あまりの歓喜におじさんガッツポーズの瞬間に
飛跳ねてしまった。(実際飛んだか分からないが
飛び跳ねた気分だったのです)

いやぁカッコイイ

この後もセットプレーのこぼれ玉を永田が移籍後
初ゴール。2-0で川崎を完封。
正直2点は取れそうだけど3,4点取られそうな気が
していた相手だけに完封は良かった。

ぶっちゃけ、ジュニーニョに助けられた一戦。
永田のミスから迎えた前半の決定的なピンチで
ジュニーニョが外してくれた事が大きかったかな。

でも勝ちは勝ち。
相変わらず先の見えない戦い方ですが、
形はともかく、この勝利を弾みに。。。
をことごとく裏切られるシーズンでも有りますが
それでもこの勝利を弾みに。
攻撃的な相手には善戦してくれるだけに、
残留争いの相手となるチームに引かれた時の
打開策を早く見出して欲しい。

次節、エコパは近隣でap bank fesも重なって、
アウェー参戦の方々には大変かと思いますが
お気をつけて、そして今度こそ今季初の連勝を!
| soccer2011 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0)
2011 J1 第17節 vs 福岡
平日19:00キックオフは正直厳しいけど
降格圏内の直接対決。いやもうかなりヤバい。
辛い時だから、余計に行きたい。
居ても立ってもいられなかったのです。

着いたらちょうど先発発表、席近くの売店は
少々並んでいたのでレプリカを着てすぐ着席。
この日はビール半額の300円だったけどそれを買う暇も無し。

何と言っても、直輝が先発。
高卒ルーキーの小島が先発。
非公開練習後に先発メンバーの情報が漏れちゃう
相変わらずなクラブの状況ですが、、、
さらに朝からTL上でエジがカタール移籍とか、
そんな話で持ちきりで、何だかもう。。。

前半はスピラからのロングフィードを始め、
中盤を省略して裏を狙ったサッカー。
これじゃ直輝も小島も。。。
それでも少しづつ輝き出す直輝。
チャンスは相手のほうが多かったか。

そして後半は俄然直輝が輝きだす。
基本は左に張り付いている事が多いのですが
徐々にボールが繋がり出して、生まれた啓太のゴール。
いやぁ久々ですなぁ。宇宙開発じゃなくてゴール♪
決めた後の姿にキャプテンの心意気を感じたよ。
その後もマルシオのゴールで揺り篭ダンス。
柏木のアシストからエジのゴール。
3-0で快勝である。リーグ戦は2ヶ月ぶり。10戦ぶり。
相手がどこであれ勝ち点3は素直にうれしいよ。



とにかく直輝の能力の高さを感じる試合でした。
小島も本職のボランチで良いデビュー戦を飾れて良かった。
周りのサポートもあったと思うけど、
これから自分の持ち味を出して欲しい。

近くの席のおばちゃんがスピラを放送禁止用語で酷評していたが、
この日のスピラは良かったんじゃないかな。
やることハッキリしていたし。何か吹っ切れていると良いなと。

いやー、しかし平日とは言え20240人は寂しいね。
最低記録更新だとか。

上のチーム相手にも後半のようなサッカーが
出来れば良いのですがー。
名古屋、G大阪と続くんだよねぇ。
| soccer2011 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0)
2011 J1 第16節 vs 清水

リーグも10試合を終えて1勝。
この日は伸二、永井、高原を擁する清水。
チーム得点王の元気をU-22代表で欠くも
順大が先発が有力。内心では心待ちにしていた世代交代。
直輝と梅崎の先発も期待してたのだけど。

試合前、アウェー席に一人向かい挨拶する清水のゴトビ監督。
アウェーと言うことも有るのかも知れないが、同じく下位に
低迷していた清水に何か一体感みたいなものを感じてしまった。


ちょっと懐かしいユニフォーム。

まあ得点の予感もせず、今年の試合であった。
ボスナーお馴染みのFKを気持ちよさげに2本も決められ、
高原に意地のヘッドを見せられて、
挙句の果てに伸二、高原、永井とキャプテンを引き継ぐ清水。

結果は1-3で敗戦。勝ち点で山形に並ばれるも16位に留まる。
毎度不安を残しつつ、シーズンも3分の1が終わろうとしている。
さて残り23試合で勝ち点は必要と思うのだが可能なのだろうか?

この試合、梅崎にゴールが生まれたこと、伸二と峻希の
マッチアップで峻希がボールを奪ったシーンくらいか。
思い出せるのは。。。とにかくは梅崎良かったね!

しかしこれらが次に繋がるとも思えず、マイナスな事ばかりが
浮かんでブルーだわ(^^;
試合後のゼリコのインタビューもブルーにさせられる。
ツボめげるな!

長谷部、阿部も観戦に来ていたけど、
二人はこの状況に何を思う。

この日の観客数はかろうじて3万を超えた。
3万を超えるとソフトバンクのアイフォーンは繋がらなくなるようだ。
雨の中、皆様お疲れ様でした。

次は今期まだ未勝利の福岡。連敗ストッパーとして名高い
我がチーム。でも踏みとどまってくれると信じたい。
せめて我らが至宝である、直輝の先発を見せてくれないか。
なお当日はビールが半額の300円らしいのでご注意あれ。
| soccer2011 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0)