CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
2010 最終節 vs 神戸
今年もリーグ最終節。


最終節を勝ってリーグ優勝した2006年以来、最終節に勝っていない。
2007年は降格決定していた横浜FCに負け優勝できず、
2008年は横浜FMに大敗、2009年は目の前で鹿島に優勝を決められる。
今年は降格争いしていて、更に毎度分が悪いイメージの神戸が
相手じゃ苦戦な予感の最終節。京都のようには上手くはいくまい。

絆である。


でもロビー最後のホーム、そしてフィンケをはじめ殆どのコーチ陣が
最後のリーグ最終節である。
この2年間、高額な年俸の選手が次々と去り、その中で台頭してきた
若手たちが何かやってくれそうな淡い期待も寄せつつキックオフ。

前半決定的なシーンを2度外し、初先発の水輝のミスを誘った
神戸があっさり先制。そのまま前半を終わる。
まあまだ前半だし、、、そうな心境だった。

しかし後半は神戸の高いプレスに阻まれて、ほぼノーチャンス。
そして3失点。どんな経緯でPKになったのかは私の席からは
良く判らなかったけども。。。0-4の大敗。

FC東京が負けて神戸残留決定。まあ神戸おめでとう。
分のいい東京が落ちて分の悪い神戸が残留。微妙だな。
降格した3チームからは全勝した今年。その勝ち点は18かぁ。


ゴール裏からのメッセージ。
「フロント 柱谷GMの無能さには呆れるばかり。
監督を切ってそれでOKか?
今やるべき事は来季への覚悟を明確に示す事。
それを怠ればサポーターに見放されるぞ」

さて試合後のセレモニー。フィンケ監督の挨拶。

ホーム最後の挨拶も至って冷静なお話。
Danke! Finke!
もう一年、共に旅をしたかった。
モラスコーチとの別れも残念。

そして我等がロビー。

日本語で挨拶。Obrigado! Robby!
貴方と再びACLでアジアを獲り、2007年は出る事が
出来なかったCWCでのプレーが見たかった!
本当に5年半の間ありがとう。次のチームでも活躍を!

そしてこの時のビジュアル。


この日はゴール裏に近い席だったので、
良く見えなかったけどこんな感じ。


そしてロビーを胴上げ。

フィンケも胴上げ。


でも今年はまだ終わっていない!

行こうぜ!KOKURITSU!

| soccer2010 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0)
2010 第33節 vs 川崎
等々力へ。

指定席SAアウェー側は半分くらいが川崎サポか。
結構水色さんに囲まれてしまった。
アウェーだし本来当然なんだろうけど(^^;

リーグでは3位以上も消滅してしまったが、
消化試合なんてものは存在せず。



前半、開始早々失点すると、中村に良いようにパスを回され、
完全に試合を支配されていてどうなるかと思いながら、
1失点でこらえた後半、途中投入のセルがポンテからの
パスを受けて見事に同点ゴール!何とか勝ち点1をもぎ取った。

後半はもう怒涛の攻撃で、川崎相手に良くここまで
攻めることが出来た。闘う気持ちが前面に出ていて、
試合後のゴール裏からも拍手。熱い試合だったと皆に伝わったのだ。
勝ってくれるのが一番だが、私たちはこういう試合が見たい。

前半は後ろの方の席でレッズ弱〜と叫んでいたチビッ子も
後半は大人しくなっていたよ(笑)。

セル相変わらず怪我が多いけど今年は今までより
いいシーズンだったのでは。
あのフィジカルの強さは魅力だし来年は更なる覚醒を願いたい。
ホント若手が伸び、最年長の山田暢までが進化し続けている。
もともと2年は我慢と思っていただけに、
来年が楽しみなチームになりつつあると思うのだが。。。

そんな山田暢がこの試合でイエローを貰い歴代最多イエローの
称号を貰った。来週の最終節は出られないみたいだ。。。

最終節は神戸戦。
残留を賭ける相手の本気度は相当なものが有るだろうけど、
こちらは激動の1年を締めくくる、今年のホーム最終戦。
私たちがこの2年間自分たちのスタイルを確立する為に
何をやってきたのか、それを見せてほしい。
絶対に勝負でも気持ちでも負ける訳にはいかない。
| soccer2010 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0)
2010 第31節 vs G大阪

何しろ2007年の8月以来、勝った事の無いG大阪が相手である。
事あるごとに青チームは前に立ちはだかるような気がする。
そしてこの2年間目指してきたパスサッカーを具現化し、
成熟している相手。現在リーグ3位。

ここで負ければリーグ戦からのACL出場権もほぼ無くなる。


簡単には勝てないが最近の流れ、そしてロビー。

何としてでも勝ちたい試合だった。

そんな思いも込めてのデカ旗だったのではないだろうか。


前半は良い流れの様にも見えた。決定的な場面も何度かあった。
峻希のバーを叩いたシュートには痺れた。惜しかった。
まあそんな場面を決めきれない日々が続いているのだけど。
そんな峻希が怪我で前半途中に交替。
ここ数試合、試合間隔も短い中で、毎試合、前に後ろに
走って走り抜いた代償か。

そして後半、遠藤にやられる。またこの男か。。。
更に残り10分位の所でセットプレーでルーカスにやられる。
これでこちらは意気消沈した様だった。

どうやら今日は試合後に相手チームの選手からも
とっても的確なアドバイス頂いたようだ。
ありがとう橋本orz でも何だかおじさんは切ないよ。
【J1:第31節 浦和 vs G大阪】試合終了後の各選手コメント

宇賀神が怪我して、平川も万全でない状態、
そして23日には日産スタジアムですか。
いつにも増して満身創痍の状況ですが、
サポの為にもリーグの残り3試合、燃えてくれ。

とりあえずマスコミの雑音は気にしないでおくよ。
| soccer2010 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0)
第90回天皇杯4回戦 vs 磐田
いよいよJ1クラブとの対戦である。
しかも今シーズン3戦して勝ち星なしの相手。

久々に浦和美園駅から埼スタへ。
駅からシャトルバスに乗り、試合開始20分前に着いて、
急いで駒場ラーメンを掻き込み試合開始に間に合った。

どうやら柏木は怪我でメンバーから外れたらしい。

啓太と堀之内のベテランコンビがボランチ。
これがなかなか素晴らしかった。
お互いにミスが多い試合だったけど、
DFと共に相手の攻撃の芽を悉く潰していた。
前田にあまり仕事をさせなかったし。
監督も試合後に堀之内ベタ褒めだったな。

前でポンテがボールを持ってくれるからと言うのも
有るだろうし、ミスを多くしながらも、
終わってみれば不安は少ない試合だった。

まだまだ改善しないといけない所も多いけど、
若手とベテランが旨く融合しているのかもしれない。

次は12/25クリスマスに準々決勝。相手はG大阪。
こちらも3年くらい勝っていない相手(汗)
そういや週末のリーグ戦もG大阪。
いつも前に立ちはだかるなぁ。
てか来週末までのスケジュール厳しいね。

そして今夜、正式にロビーが。。。
アルパイ、マリッチ以来の残念な退団。。。
一緒に元旦目指そう!
| soccer2010 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
2010 第30節 vs 京都
今シーズンもこの日を入れてあと5試合。
ともかく残りは全部勝ってと願いを込めて。
しかし相手はこの日負ければJ2降格の京都。
いやーな予感を抱えつつ埼スタへ。
いつもの駐車場周辺も空いているようだ。
やはり勝たないと駄目なんだな。

現地に着いてコバトンが居て県民の日だと言う事に気づいた。



今日はメインロアーの最前列。
相変わらず手すりの高さが微妙に邪魔である(笑)

暢久がスタメン復帰。ロビーもサブで。
細貝は前節の怪我でメンバーに入らず。
今回もサヌがエジと2トップ。

前半25分過ぎに柏木の粘りから、エジ→サヌのシュートが
GKに弾かれたところをエジが押し込んで先制!
後半も惜しいシュートが2本あった峻希のプレーが凄く良かった。
最近前でプレーしているのでこれからも楽しみ。

相変わらずの前半と後半でやや違うチームになるところ、
危険なカウンターを浴びるところ、最後の詰めが甘いところ。
その辺は見せつつ、追加点が取れない辺り。
今期3勝のチームにやや苦しめられた印象。

それでも後半ロスタイムには途中出場のロビーがゴール!
いつもに増してのロビーの喜びよう。



試合後のインタビューでロビーが号泣。
今シーズンが最後だって!?

外国人、日本人に関わらず、プレーにハートに成績に
ここまでレッズを支えてくれた男がいただろうか。
加入以来、これまで多くの喜びをもたらしてくれた
クラブの功労者をこんな場で泣かせるんじゃないよ>フロント。

来年もロビーのユニで参戦したいな。。。
| soccer2010 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0)
第90回天皇杯2回戦 vs 東京国際大学
優勝すればACL出場権。
リーグ戦3位以内と同様に重要な大会。
去年は呆気なく松本山雅FCに敗れたので同じ轍は踏めない大会。

栃木県代表(栃木ウーヴァFC)に勝利した埼玉県代表の東京国際大学が相手。
大学生とはいえJFLに所属するクラブに勝ったチームである。
しかし1回戦が9/3で2回戦が9/5って良いのだろうか?


さて、気を引き締めてと。。。
試合開始5分でポンテのシュートが弾かれたところをエジが押込み先制。
この後もポンテのPK。セルが3点目。ロスタイムにポンテが再度得点で
前半は4-0で折り返し。多分大丈夫と思いつつも油断できない変な気分。
後半は原口の2点と途中から入った高崎の得点で7-0で試合終了。

原口君、相手のレベルは置いといて何度もチャレンジしてやっと結果が出たか。
実戦での高崎も見ることが出来た。最近ベンチには入っていたので
どんなプレーを見せるのか興味があったので良かった。
自分が何処に居れば良いのか判っている感じで素敵である。
このほか、林、濱田、永田と若手がとても良いプレーをしていたと思う。
今日は矢島もベンチに入っていた。若手の台頭も楽しみである。

しかしまたまたセルが怪我した模様。せっかく良い流れで来ているので
ちょっと怪我が多いのが残念。そろそろブレイクして欲しいのだけど。

これで3回戦進出。これからが厳しい相手との対戦になるのだが、
今回は取りこぼしが無いようにがむしゃらに冷静に頂上を目指して欲しい。

さて、試合の後、阿部ちゃんがスタジアムを一周。

観客席に登り、サポーターに胴上げされ、

途中、クールダウン中の選手たちにも胴上げされ、

スタジアムを時間を掛けてゆっくりと挨拶していく。
実際どんな人かは知らないけどその姿はとても彼らしく感じる。
この3年半。彼のプレーには助けられ勇気付けられた。
彼に感謝しないサポーターなどいないだろう。
彼はプレーでサポーターの心を掴む事の出来る選手。
イングランドに行ってもサポーターに愛される選手に
なってくれると願っています。そしてプレミア昇格を。
ありがとう阿部ちゃん。そして、、、

阿部勇樹!オレ!
| soccer2010 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0)
2010 第21節 vs 鹿島

友人のご好意によりワンダーシートでの観戦となりました。
机付きの快適な席。申し訳ないというか、ただひたすら感謝です。


前半はいつものようにボール回しも出来ずにさすが鹿島という展開。
いつもなら前半は散々パスを回して最後のところが決められず
後半に失点して惨敗というパターンですが今日はシュートまでも行かない状態。

なんとなくこれまでとは違うのかな。と思いつつ0-0のまま前半終了。
そして後半、まずは鹿島にPKを与える我等がレッズ。やっぱり駄目なのか
とうっすら頭をよぎるも、それを止める山岸。思わず絶叫!

そしてジリジリとモヤモヤをごちゃ混ぜにして軽く眩暈すら
覚える展開をポンテが打開。右から鮮やかにゴール。
ここでも絶叫!鹿島相手に先制。

そして後半もロスタイム4分。このまま終わってくれよと
祈りも空しく本山に決められ同点。90+5分とは、、、、
嗚呼逃げてゆく勝ち点3。負けたような気分と
鹿島相手に勝ち点1を得てホッとした気分。
途中交替となった暢久、宇賀神の状態も気がかり。

そう、まだ我々は降格圏内ですら有る立場。
少なくともあと勝ち点10欲しいところ。
来年誰が監督なのか判らないが、とにかく意地を結果で見せてくれ。

明けて翌日はレッズレディースがベレーザ相手に3-0で快勝。
先週2-3と惨敗した相手を見返すことが出来た。
リーグ再開を素晴らしい形で迎え、藤田が3点目を決めている。
この子、ホントに楽しみ。
今シーズンも来年の元旦までサッカーが出来るように頑張って欲しい。
| soccer2010 | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0)
プレナスなでしこリーグカップ2010 決勝 vs 日テレ
16:00からなでしこリーグオールスター、18:45から
カップ決勝戦と2試合が見られるのですが私は決勝から観戦。

会場である西が丘サッカー場のバックスタンド裏では
なでしこリーグの各チームのブース、地元の方の出店で
なでしこ縁日なるものを開催。
この日は4000名余りの入場が有ったらしいので何より。


試合は互いに集中した攻防が続き無得点。
後半10分すぎから試合が動き出す。
庭田の華麗な遠目からのゴール。痺れるようなかっこいいゴール。
このあと追いつかれ、それでも藤田のゴールで勝ち越し、
このままで終わるかあわよくば追加点、、、を祈ったのですが。

あと数分でタイトル、、、ってところでPKを与え、
岩倉が2枚目のイエローで退場。PKで同点。
そしてあっという間にべレーザの新10番岩淵に勝ち越され2-3で試合終了。

全体的にべレーザのチームとしてスピード、フィジカルの強さが一枚上手。
最後は地力の差が出た感じ。澤が抜けた今年もリーグ首位にいるのが頷ける。
後半から出た荒川には古巣相手に爆発して欲しかったけど、
オフサイドも目立ち、まだ周りと合ってないのか、たまたまだったのか。
柳田も途中交代していたが、体調がよろしくない感じ、大丈夫だろうか?
しかし浦和の藤田のプレーは将来が楽しみ。
体は小さいけど大物になって欲しい。


最後に表彰からずっと泣いていた岩倉。
皆の声援の通り、今や無くてはならない選手。
この大会、ここまで来たのもあなたのおかげ。
うつ向かず次へ行こう。

来週はリーグ再開。次も同じ西が丘でべレーザ戦。
このチームの上に行かないと頂上には辿り着けない。

今日は負けたのは物凄く悔しかったけど、良い試合だった。
きっと次に繋がると信じよう。
| soccer2010 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0)
2010 第20節 vs 湘南
このところの余りの不甲斐無さに試合に行きたくて
ウズウズしておりました。


カードとしては下位チーム同士。



前半は相変わらずボールをグルグル回してチャンスを沢山作って無得点。
ああ、また最近のパターンに嵌っちゃいますか?と思いきや、
前節から中2日の湘南に疲れが出たか後半はスピラ待望のゴールから4得点。
しかしこのクソ暑いのに中2日とかいう日程組むのもアレだな。

この試合で2ゴールのエジがJ通算100ゴール。
ゴール後に何かやってたのは100のジェスチャーだったのか。

セルの素晴らしいゴールも決まり、、、喜び大爆発。

が、こういう事をやると、、、
イエローを貰い、累積が貯まって出場停止の権利をゲット。
次節の鹿島戦に出られずって事になるので気をつけましょう。
チーム内の怪我人もここに来て大勢出てきてるしで、
次節はどうなることやら。
てかユニは全部脱がなければ良いのかと思ってた(^^;

前半で交代した阿部ちゃん。肩を痛めたみたいで。。。
阿部ちゃんもW杯後も本業以外で引っ張りだこだったし
休む間もなく、お疲れ気味なのが心配。
監督曰く2004年から全く休んでない状態だとか。

とにかく今年、まずは降格だけは避けるように・・・
| soccer2010 | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0)
W杯か
今回もオランダ応援しようと思っていたらファンニステルローイは
選出されず、スウェーデンのイブラヒモビッチは
本当に代表引退したようですし、楽しみはドログバを見る位しか
なくなってしまいました。スカパー契約するのも勿体無いし。
個人的には何だか微妙。

あ、日本代表。色々言われてますなぁ。
前回出られたんだしもう良いんじゃない?って人もいつつ、
石川と前田が23人に入れなかったのは残念。
長谷部に阿部ちゃん怪我せず頑張って〜
| soccer2010 | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0)