CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
そしておまけの決勝戦
おまけで決勝戦。

何だかボカのサポーターは賑やかで楽しそう。
ミラン側のゴール裏はちょっと大人しかったなぁ。

↓よく観ると穴だらけなところがカッコよかった。


カカは凄い。彼だけでなくみんな凄い。速くて正確なパス。
攻守に魅せる勝負どころの切れ味。何もかもが素敵だ。
先日の準決勝も含めて良いもの観させていただいた。
しかしよその国のクラブ同士の試合じゃ感動も興奮も少なく。。。
あんなプレーを国内でも毎週観たい(笑)。

表彰式、バックスタンドからは煙幕で何も見えず。


しかしチケット高すぎorz
どうせならファンニステルローイかプレミアのチームが観たかったりして(^^;
| soccer2007 | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0)
クラブワールドカップ2007 3位決定戦 vs エトワール・サヘル
57試合目となる今シーズン最後の公式戦がこの舞台。
最高じゃないか。リーグや天皇杯の事も少し忘れさせてくれる。
しかし小野はベンチにも入らなかった。来シーズンの為に治療に専念?
最後に山田が先発。ミラン戦でも先発して欲しかったな。

最初、細貝が右サイドで良くなかったけど前半途中で
ボランチに移り山田が右に。やはり山田の右は良い。
90分で勝てなかったけど、お互いの良いところを出し合ういい試合。
ACL準決勝の時ほどでは無いけれど、やはりPK戦はドキドキ。
PKでの都築は素晴らしい。


この試合で最後のワシとネネ。良い経験をありがとう!
長谷部は来年セリエAに行くのかな。行けると良いな。
もっと体を強くして、痛がりを卒業(^^;して第2の中田を目指して。

残念なのは折角の「We are Diamonds」の合唱が、
ケミストリーの演奏にかき消された事。
ただでさえこの日はゴール裏のサポの数も少な目だって言うのに。。。
まあどうせ3位決定戦ですしね。。。ったく日テレさんはよ。。。

この並び。気持ちいい。


今日はこんなものをくれた。


確かに全てのタイトル取れれば良いけど、ACLを獲れたのは大きい。
それだけでも良い一年だったと思う。悔しい思いもして来年の目標も出来た。
でもなぜ終盤の大事な時にこんなに怪我人が多かったのか。
その辺をよくケアして、来シーズンを迎えて欲しい。
| soccer2007 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0)
クラブワールドカップ2007 準決勝 vs ACミラン
とにかくこの場に居るだけで感動。

私の席はレッズサポの近くだったけどミランを応援する日本の方も多く、
レッズサポの応援の仕方やレッズがミスする度にバカにしたり
大笑いする人も居て何だかアウェーっぽく、ちと寂しい環境でした(^_^;
人の作ったブランドに群がり、自身は一流と無縁な僕ら日本人の
負け犬っぷりに悲哀を感じる一時orz。頑張れ日本人。頑張れ俺ー。
そしてこれもクラブ対クラブの試合って事なんだなと。

勝つのは難しいとは思っていても、やはり負けるのは悔しい。
今シーズンのミランは決定力不足で既にリーグ優勝も
厳しいとは言え、当然ながら何もかもが違い過ぎ。
でもレッズの選手は良く踏ん張ってくれた。
その姿にまた目頭熱くなる。

殆ど翻弄されながらも予想していたよりも多くチャンスを
作れたし、今のウチらのレベルではこれ以上望めません。
しかし今のポンテがこの相手にどの位出来るのか見たかったなぁ。

それでも試合後の悔しがる選手の姿、公式サイトに載せられた
各選手のコメントには勇気付けられる限り。
己を認識してしっかり前を見ているように感じました。
世界とJには永遠に埋める事の出来ない差があるかもしれないけど
この日レッズを応援していた子供達がいつかレッズの本物ユニを着て、
爺さんになった私に夢を見せてくれる事を祈りつつ。。。

いつまで日本でやるか判らないし、もうこんな機会は無いかも
しれないと思っていたけど、やっぱりまた味わいたい。
出来れば今度はもっと臨場感ある良いサッカー専用スタジアムで(汗)。

しんどかったシーズン終りで今やケガ人だらけだけど
日曜は今年最後の公式戦だ。悔いの無いように。
そして来シーズンに影響するようなケガには気をつけて。
| soccer2007 | 03:03 | comments(0) | trackbacks(0)
ついに本気の対戦が実現!
今まで遠征合宿の時や親善試合だとか、ちょっとぬるーい
雰囲気の中でしか対戦させて貰えなかった欧州のビッグクラブ。

ついに真剣勝負が出来るんですねぇ。
相手は前回出場した時のリベンジもある訳だしこんなところで
負けてられないでしょう。是非コテンパンにして頂きたい。
とにかく本気でやって欲しい。

でも勝っちゃうかも?何が起こるか判らない。ホント判らないorz。
ウチが勝っちゃったら愛媛や横浜FCもミランを超えちゃうよ(^^;

残念なのはこの大きな舞台にポンテがいない事。
ここまで連れて来てくれた彼をはじめケガで離脱した
みんなの為にも出来れば世界に恥じない試合を。

山田は先発出来ないのかな。試合から遠ざかっているけど
相手が強ければ強いほど力を発揮してくれる人。
是非ピッチに立って欲しい。
| soccer2007 | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0)
第87回天皇杯4回戦 vs 愛媛FC
ミカンがキャラクターの愛媛FC。
レンタル移籍した人、完全移籍した人が多く、レッズとは縁のあるチームだ。
それが楽しみでもあったこの対戦。もちろん勝つつもりでした。。。


疲れていそうな人もいたけど、気を抜いていたとは感じない。
序盤はともかく特に後半は焦り過ぎだ。
素人ながら何がしたいのかよく判らないメンバー構成に感じたけど
普段出れない人がここで力を発揮するのを見たかった。

聖地と言われる駒場で無様な試合をしてしまったなぁ。
定時過ぎて帰り辛い雰囲気の中、肩身の狭い思いをして
会社を出てきた身にもなってくれ〜

そして次は12/1のリーグ最終戦。。。頼みます。
| soccer2007 | 01:48 | comments(0) | trackbacks(0)
中東へ向かった日の大原
話は前後して11/2。
レッズがイランで行われるACL決勝の第1戦に向け、UAE合宿へ向かう日。
たまたま会社が休み、しかしクルマは入院中。
電車に乗って、さいたま新都心駅から徒歩20分の大原練習場へ。

普段の平日はどの位なのか判りませんが、
フェンス越しに練習を見詰める結構な人、人、人。

サポーターズカフェのバルコニーには「THE TOP OF ASIA」の文字。


すぐに成田へ向かうようで、この日は練習後のファンサービスは無し(^^;
ワシが「ゴメンナサーイ」と、ポンテのクルマに乗って練習場を後にした。
時折小雨も降る中、与野駅へ向かう途中、寮の前から出発する選手をお見送り。
| soccer2007 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0)
ついにアジアNo1に! 〜 ACL 2007 決勝 第2戦 vs セパハン
ついにアジアチャンピオンズリーグはファイナル。


選手入場時、バックスタンドのビジュアル。


永井渾身のゴールで前半を1-0とリード。
浦和の9番を受け継いだ男がこの大舞台で決めた!

後半開始前のゴール裏。

後半にはACLを闘うために千葉から来た阿部が
慣れない右サイドを任されながらも貴重なゴール!

今日も終始ギリギリのところで強い守備を見せてくれた。
自分達の試合をしてくれたと思う。

いわゆるチャンピオンズリーグらしく。


前身の大会も有ったのだから日本初と言うのは違うんじゃないかと思うけど、
Jリーグで優勝争いするようになってから待ちに待っていたこのタイトル。
このアジアチャンピオンの称号が欲しかった。

この場に立ち会わせてくれた選手、関係者、サポーター全てに感謝。

さて次はJリーグだ。
| soccer2007 | 01:31 | comments(2) | trackbacks(0)
2007 第30節 vs 名古屋
ACLの激戦から中3日。
こちらも佳境のリーグ戦。
累積3枚の選手も多いので冷静に一歩づつ。

やはり疲れているな、、、と感じたけど良くやっていた印象。
そんな中の0-0のドローなので勝ち点1は前向きに。

山田、闘莉王はじめ選手各々のケガも心配だけど、
ワシが交代に納得いってなさそうなのがちと心配。

次はいよいよイランへ。
| soccer2007 | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0)
ACL 2007 ノックアウトステージ 準決勝 第2戦 vs 城南一和
今年のアジアチャンピオンズリーグもいよいよ佳境。
準決勝まで来て、ついに観客も5万を超えた。
相手サポも多く、負けられない気持ちも高まる。

今日のビジュアルは「We are REDS」。



ハーフタイムも。


今日もいつのようにシュートをふかしたり、パスミスしたりの
日本代表選手にハラハラドキドキである(汗)

相手の城南一和は体も強く、連携も良い強いチームだった。
こういうチームと真剣勝負が出来るのは素晴らしい。

でも先週のJで鼻骨を骨折したワシントンの気持ちの入ったプレー。
足を攣らせながらも懸命に守る選手達。
後半以降はこの相手によく2-2で持ち堪えた。

延長でも決着はつかずPK戦へ。
相手にブーイングを浴びせ、手を合わせ祈る。
PKは何度観ても心臓に悪い。
しかし勝てば喜びも一層大きなものに!

ついに中東勢と戦える。
ACLを最後まで戦える。
あと一息だ。

世界に見せつけろ 俺たちの誇り♪
| soccer2007 | 01:19 | comments(2) | trackbacks(0)
2007 第27節 vs 新潟
無事にACLセミファイナル進出も決まり、
益々厳しいスケジュールの中迎えたJ1第27節。

やはり大きなメンバー変更は無かったけど
サブも外れた小野の怪我が気になる。

終始、最後のところを踏ん張る新潟の守備に嫌な予感。
しかし終盤に岡野が出てきて雰囲気変わったか、
終了間際にポンテがゴールをこじ開ける。
やはりこの人凄い。。。


We are Diamonds〜♪ We are Diamonds〜♪

雨も降る中、疲労が心配されたけど勝てたのは何より。

水曜は韓国だ。
中東より近いけどホント怪我には気をつけて。
| soccer2007 | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0)